忍者ブログ

いつもの生活

どぉ~ってことないツブヤキ・・・。

2018/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供達が生まれてから、子どもの服はお古を頂いて
着せていました。
もちろん、新生児の服から何もかも。

お古っていったって、まだまだ着れる物ばかり。

もったいない・・・・。
経済的なこともありましたが、
お古で育てるには、私なりの考えがありました。

『物の大切さ、ありがたみを知る』という事。

他にも それを子どもに知らせる方法は
いくらでもありますが、
小さい頃から 少しずつそれを知らせていくには
お下がりの服って 結構いい材料だと思います。


破れたものは 繕って着る。
親がそれを実践して見せないと
言葉で教えるには、限界もあります。
子どもは それを当たり前のこととして理解してくれないと思っています。


いつまでも 豊かな生活が出来るとも限らない。

どんなときでも たくましく生きていってほしい。


親が経済的に余裕があるからといって、
子どもが大人になったとき、同じくらいの それ以上の経済力が
期待できれば良いかもしれないが、
服一枚買うのにも苦労する生活をしているかもしれない。

そんな時、一から始めるのと
経験で知っているのとでは 心の負担が違うようにも感じる。

生活レベルを下げろ・・・といわれても
あげるのは簡単でも、下げるのはなかなか難しい。
出来る人もいるかもしれないが、出来ない人が多いようにも感じる。

1つのものを大切に扱い、使い続ける。
これは 子どもに教えていく大切な心であると思う。

それは、言い換えれば、物だけでなく
いろんなことに
置き換えることが出来ると思う。

使い捨ての世の中に 違和感を感じる私は、
お金がかかっても 修理できるものは
修理して使うようにしている。

物に対する感謝の意味でもある。

生きているものだけに命があるのではなく、
この世に存在するもの すべてに命があると教えたい。
だから大切の扱いなさいと・・・。


こう言っても 私自身もきちんとそれが出来ているかというと
疑問である。
でも、そういう考えで実践していきたい。

わたしゃ、どこかの宗教屋じゃないですよ。
常識としてそう思っているんです。

あまりに物が安く手に入る時代になりました。
物を大切に扱わないことのつけは
いずれ自分達に帰ってきます。
それが自然の原理だとも思います。

私の生活も無駄だらけ。
もったいないことをしているときもあります。
言うのは簡単ですが、実行は難しいもの。

でも、3人の姫たちは それを子どもなりに
実行してきていますよ。(#^.^#)




PR
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
コメント ありがと~♪




カレンダー
  • 10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- いつもの生活 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]